スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
--------(--)
 

質の良い睡眠を取るのに必要なことは?


前回の記事では、
質の良い睡眠とはどんな睡眠状態のことなのかを書きました。


質の良い睡眠を取るためには、
ストレスをできるだけ減らすことから始まります。


そして、「食生活を見直す」ことも、
質の良い睡眠を取るためには必要不可欠です。


「食生活と睡眠と何の関係があるの?」


と思った人もいると思います。


なぜ食生活を見直せば、
質の良い睡眠につながると思いますか?



簡潔に答えると、
食生活の乱れがストレスを生み出しているからです。


「自分は好きな時に好きなものを食べるのがストレス解消法だ」


と言う人がいたら、
残念ながらそれはストレス解消になってませんから(笑)


食欲は人間の本能的欲求の一つです。

これがコントロールできない状態になると、
食べても食べても欲求は満たされなくなり、
逆にどんどんストレスが溜まっていきます。

アルコール依存症、タバコ中毒者、
薬物依存症と同じ現象が起こっているわけです。

こうなると、もう太るしか道はなくなります。

生活習慣病への死の切符ですね(笑)


なので、食生活を見直せば、ストレスが減り、
その結果、質の良い睡眠につながるということが分かります。

質の良い食生活の方法については、
食生活に関する記事で詳しく書いていこうと思います。


それから、質の良い睡眠に欠かせない要素に「運動」があります。

ストレスの解消法はいろいろあるし、人にもよるのですが、
一番効果があるのは、ズバリ「運動」です。


鬱や不眠症になる人は、ほぼ運動していません

運動しなくなって鬱になったのか、
鬱になったから運動しなくなったのかは分かりませんが、
運動を習慣的にしている人は、鬱になりようがありません

というか、運動していれば余計なことを考えることもなくなります


現代の生活では運動する機会がかなり減っているので、
自分は運動する習慣がないという人は、
意識して、運動するように心がけましょう。

運動を習慣にする方法は、
運動に関する記事で詳しく書いていこうと思います。


以上をまとめると、
質の良い睡眠を取る条件は、


ストレスの少ない生活


を送ること。


そして、ストレスを減らすために、


質の良い食生活を心がける

日常的に運動をする


ということです。


健康をテーマにすると、
日常的に取り組むことがたくさん見つかります。

でも、どれから取り組んでもいいし、
どれを改善しても他の要素に大きく影響するので、
一つのことが習慣になったら、
他の項目も習慣にしていく、
という風に取り組んでいけばいいと思います。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
2013-11-05(Tue)
 

人生の4分の1は睡眠時間です


あなたは質の良い睡眠を十分に取れていますか?


この質問に対して自信を持って「Yes」と答えられるなら、
多少食事の質が悪くてもかなり健康だと言えるでしょう。


質の良い睡眠が取れているということは、
布団に入ってから、

上向きの姿勢で、
口を閉じ鼻呼吸で、
10分以内に眠りに就き、
夜中に一度も目覚めることなく、
大きないびきをかくこともなく、
目覚ましが鳴る前に、
朝の日差しで自然に目を覚まし、
すごく気持ちのいい目覚めを感じられる

と思います。


一方で、


・上向きで寝れない

・鼻呼吸ができない

・なかなか眠りに就けない

・夢や物音やアレルギーなどの症状で夜中に目が覚める

・いびきの音がうるさい、または無呼吸症候の傾向がある

・朝日に気付かない

・目覚ましが鳴っても起きれない

・朝起きると口の中が渇いている

・体が起きる、または起きて動くまで時間がかかる

・目が覚めても、もっと寝ていたい



という状態に一つでも当てはまっていれば、
質の良い睡眠を取れているとは言えないでしょう。


質の良い睡眠が取れない原因はたくさんあるのですが、
一言で言うと「ストレス」が原因です。


ストレスが心身に与える影響はかなり大きいです。

睡眠の質が悪くなるだけではありません。

アレルギーになったり、鬱や不眠症になったり、
肩凝りや腰痛など、体に異常を感じるようになります。

大人になってから、
アレルギーを持ったり花粉症になる人がいますが、
これはストレスを抱え込んだのが原因ですね。


不眠症の人は、過去に過度にストレスが溜まり、
そのことを考えるだけで眠りに就けなくなり、
いつの間にか寝ないことが習慣になってしまったのです。

なので、質の良い睡眠を取るには、
まずはストレスをできるだけ減らすことから始まります。


次回、質の良い睡眠を取る方法について、
もう少し詳しく書いていきます。
にほんブログ村 ダイエットブログへ
2013-11-04(Mon)
 

アレルギー体質になる原因


あなたがアレルギー体質になる原因は何だと思いますか?


体質なんだから遺伝じゃないの?


って思うかもしれません。

それは半分は正解なのですが、
あとの半分は生活習慣が原因です。


親がアレルギー体質の場合は、
その子どももアレルギー体質を受け継ぐことが多いです。

でも、親がアレルギー体質になってしまったのは、
その人の生活習慣が問題で
その結果としてアレルギー体質になってしまったのです。

そして、子どもができても、基本的に生活習慣は変わりませんね。

そうすれば、子どもも当たり前のように親の生活習慣を受け入れ
同じようにアレルギー体質になってしまうのです。


アレルギーに反応しているということは、
免疫力が低下している証拠です。

そして、体の内部に入ってくる異物にすぐ反応してしまうほど
免疫物質(抗体)が敏感になっています。

心と体はつながっていると言いますが、
アレルギー持ちの人は、
神経質で、繊細で、きれい好きで、潔癖症な性格の人が多いです。


アレルギー反応が出やすい人は、
今は抗体が敏感な状態なので、
なるべく体内にアレルゲンを取り込まないことです。

そして、今の生活習慣を見直し、改めることで、
免疫力が回復し、アレルゲンに過敏に反応しない
強い体に生まれ変わらせることができます。


免疫力を上げる上で一番重要な生活習慣は、
睡眠食事です。

この2つのどちらかを、またはどちらもおろそかにしていると、
アレルギー体質から抜け出せないばかりか、
生活習慣が引き起こす様々な症状が現れます。

薄毛、抜け毛、白髪、不眠症、寝不足、倦怠感、痩せにくい、視力の低下など、
自分が感じているあらゆる体調の不調や体の悩みは、
全て現在の生活習慣が引き起こしているのです。


体の悩みを抱えることなく、病気になることもなく、
健康的な生活を送るためには、
睡眠、食事、どちらでもいいから、
まずは自分が改善できそうなところから取り組んでいきましょう!
にほんブログ村 ダイエットブログへ
2013-11-03(Sun)
 
検索フォーム
メールマガジン
Smart Diet
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
ダイエットに成功したい方、体質を改善したい方、健康な生活を送りたい方、病気にならない生き方をしたい方は是非ご登録ください!
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

トーマス・フレア

Author:トーマス・フレア
生年月日:1980年9月30日
身長:165cm
体重:48kg
体脂肪率:10%
職業:投資家
居住地:大阪
趣味:音楽鑑賞、ドライブ、スノボ、ダンス、体操
好きなジャンル:トランス、ハウス、ヒーリング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。