スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
--------(--)
 

アレルギー検査の種類と方法について


自分に何らかのアレルギーがある場合、
それが何なのかを特定する方法があります。

一番確実なのは、アレルギー科に行って、
アレルギー検査をしてもらうことです。


ところで、体内には様々な抗体がありますが、
その中のIgE抗体と呼ばれる抗体が
体内に入るアレルゲンを攻撃する場合があります。

このように、体内にアレルゲンが入り、
すぐにかゆみや鼻の症状が出るアレルギー症状を
即時型アレルギーと言います。


これに対し、IgG抗体と呼ばれる抗体が、
IgE抗体と同じくアレルゲンを攻撃する場合があります。

ただ、こちらはすぐには反応せず、
数時間後から数週間後に体に反応が現れるので、
遅発型アレルギーと呼ばれます。

遅発型アレルギーの場合は、どのアレルゲンに反応しているのか
特定しづらい
面があります。


さて、先ほどのアレルギー検査の話に戻りますが、
普通の病院にあるアレルギー科では、
即時型のアレルギー検査しか行っていません。

まあそれが分かるだけでもありがたいですけどね。

このアレルギー検査は血液検査をして調べます。

調べる項目数によりますけど、
食物、花粉、ハウスダスト、動物の皮膚や毛など、
日常生活に触れる機会の多いアレルゲンを詳細に調べると、
高くて1万円ほどかかります。


一方、遅発型アレルギー検査の場合、
普通の病院では行っていることが少なく、
アレルギー専門の病院や診療科に行かなければなりません。

しかも、検査費用は
3万円~4万円とかなり高額です。

その代わり、食物の種類に関して、
かなり詳細な項目で調べてくれます。


なぜ自分がアレルギー反応を起こすのか、
その原因が分からない人は、
この2つの検査を受ければ、
自分のアレルギーが何なのかがほとんど分かるはずです。

まずは自分の弱点を知ること、
そしてそれについて対策を打つこと、
これがストレスを克服し、
健康な生活を送る第一歩だと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 ダイエットブログへ
2013-11-01(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
メールマガジン
Smart Diet
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
ダイエットに成功したい方、体質を改善したい方、健康な生活を送りたい方、病気にならない生き方をしたい方は是非ご登録ください!
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

トーマス・フレア

Author:トーマス・フレア
生年月日:1980年9月30日
身長:165cm
体重:48kg
体脂肪率:10%
職業:投資家
居住地:大阪
趣味:音楽鑑賞、ドライブ、スノボ、ダンス、体操
好きなジャンル:トランス、ハウス、ヒーリング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。