スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
--------(--)
 

アレルギー症状の昔と今


僕は小さい頃からずっとアトピー性皮膚炎に悩んでいました。

二十歳を過ぎる頃になると、
アトピー性皮膚炎に加えてアレルギー性鼻炎も併発するようになりました。


ところで、アトピーも鼻炎もアレルギーが引き起こす病気です。

体内に入るアレルゲン(アレルギー物質)を体外に排除しようとして、
体を掻きむしることで無理やり追い出そうとした症状がアトピー性皮膚炎、
鼻水やくしゃみで外に出そうとする症状がアレルギー性鼻炎で、
どちらも症状としてはまだ軽い部類に入るようです。

これが深刻化してくると、免疫の異常が原因で起こる
膠原病やクローン病などの難病になってしまうようです。


普通の人ならアレルゲンに対して免疫は攻撃しようとしないのですが、
僕みたいに、免疫が外部からの異物に
異常に反応する遺伝子を持っている人間は、
どんなに体質を改善しようとしても、
100%完全に免疫の異常な反応を抑えることができないのです。

しかし、ステロイド剤(炎症や免疫の働きを抑える薬)を
使えば症状は緩和されます。

ただし、薬には当然副作用があります。

例えば、日常的に使い続ければ、
薬に対しての抵抗ができてしまうので、
軽い薬では効かず、どんどん強くしていかなければならないこと。

そうなると、薬漬けの患者と同じく、
薬の効果が切れると、すぐに症状が起きてしまいます。

僕の場合は最高で20連発ぐらいくしゃみをしたことがあります(笑)


「こんな辛い生活を続けるのは嫌だ!」


薬漬けの日々を送る人生から抜け出したい、
という思いから、体質改善に取り組むことにしました。

体質改善に取り組むことで、
100%完全に免疫の異常な反応を抑えることはできないにしても、
少々のことでは反応しない体質に変えることはできます。

何より、薬を使わずとも生活できることが一番大きいです。

それに、いつアレルギー症状が起きるのか自分で分かるようになります。

昔はアレルギー症状が起きるのを体質のせいにしていたから、
なぜ自分がアトピーや鼻炎が発生するのか分からず、
薬に頼るしかなかったのです。


次回、僕がどういう時にアレルギー症状が起こるのか、
そして今どんな状況なのかを書きたいと思います。
スポンサーサイト

にほんブログ村 ダイエットブログへ
2013-04-23(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
メールマガジン
Smart Diet
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
ダイエットに成功したい方、体質を改善したい方、健康な生活を送りたい方、病気にならない生き方をしたい方は是非ご登録ください!
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

トーマス・フレア

Author:トーマス・フレア
生年月日:1980年9月30日
身長:165cm
体重:48kg
体脂肪率:10%
職業:投資家
居住地:大阪
趣味:音楽鑑賞、ドライブ、スノボ、ダンス、体操
好きなジャンル:トランス、ハウス、ヒーリング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。